[Illustrator] ストライプパターン(縞模様)を作る─ブレンドツールを使う

ストライプのパターンを作る

stripe

Illustrator でストライプを作るにはいろいろ方法があるようですが、ブレンドツールを使うと簡単に作れます。説明の画面は、Illustrator CC (Windows) です。

ただ、同じ大きさのオブジェクトを指定した数だけ並べて実現するので(上の図だとたくさん緑のオブジェクトを並べている)、並べたオブジェクトの幅と並べてできた隙間の幅(上の図だと緑と白い部分の幅)を同じにするのは苦手です。

ブレンドツールによる手順

始めと終わりのオブジェクトを配置

長方形ツールや直線ツールを使って、ストライプの始めと終わりにオブジェクトを配置します。

stripe01

ブレンドツールの使用

ツールウィンドウからブレンドツールを選択します。

stripe02

左と右のオブジェクトを順にクリックします。ブレンドツールを選択していると、マウスカーソルが図のように変わります。

stripe03

stripe04

以上で、とりあえず次のように何か変化します。環境によってこの見た目は異なると思います。

stripe05

ブレンドオプションでの調整

メニュー[オブジェクト]-[ブレンド]-[ブレンドオプション]からウィンドウを表示。「間隔」を「ステップ数」にし、数値を適当に入力します。

stripe06

以上で、完成です。

stripe07

「拡張」で個別のオブジェクトにする

メニュー[オブジェクト]-[ブレンド]-[拡張]を選択すると、ストライプパターンを別々のオブジェクトに分割できます。拡張後は、オブジェクトを右クリックしてメニューの「グループ解除」を選択します。

stripe08

うまくできない場合

ブレンドツールは、オブジェクトとオブジェクトの間を補間するツールため、回転しながら補間するということもできます。上の図のようになった場合は回転してしまっています。

stripe09

ブレンドツールは、アンカーポイントを指定してブレンドもできるので、こっちを使ってみましょう。ブレンドツール選択時、角のアンカーポイントにマウスカーソルを合わせると黒い四角になります。この時にクリックして、両方とも対応する同じ個所をクリックすると回転せずブレンドできます。

stripe10

リンク