[Photoshop CC] 木を自動生成する

画面は Photoshop CC (Windows) です。最新の Photoshop 14.2 から木を生成する機能が付いています。さっそく使ってみました。

木の自動生成

tree1

このような感じの木を描画できます。22種類の木から選べます。

塗りつぶしウィンドウ、スクリプトパターンの選択

dialog

2016/10/8 追記: 新しい CC では、メニュー [フィルター]-[描画] から「木」を選びます。

木の生成は、塗りつぶし機能のひとつです。メニュー [編集]-[塗りつぶし] から、塗りつぶしウィンドウを開き、「パターン」、「スクリプトパターン」の「木」を選びます。

※「木」が選択できない場合、GPU 使用が無効になっている可能性があります。有効かどうかは、メニュー [編集]-[環境設定]-[パフォーマンス] を確認します。

gpu_setting

木の生成の設定

tree_dialog

このような設定画面が開きます。ここで生成する木の種類を選び調整します。

tree_dropdownlist2

選べる木の種類は22種類あります。

tree1

OK をクリックすると、カンバス(の選択範囲内)に木が描画されます。JavaScript で動作しているらしく少し時間がかかります。

設定項目

各設定項目は次の通りです。

照射方向、カメラの傾き

tree_option

設定のすべてはプレビューできません。「照射方向」は日の当たる方向、「カメラの傾き」は値を大きくすると若干上から見た視点になります。これらの変更は簡単なイメージ図で確認します。

葉の量、葉・枝にカスタムカラーを使用

「葉の量」、「葉にカスタムカラーを使用」、「枝にカスタムカラーを使用」は、名前の通りです。これらの項目はプレビューできます。

フラットシェーディング

葉と枝をイラスト調にできます。

tree2

ノイズを追加

葉のコントラストが上がって明るい感じになります。

tree1

ノイズの追加なし

tree3

ノイズの追加あり

乱数の調整

「シェイプを乱数的に変化させる」をチェックしていると、毎回ランダムに葉・枝が描画されて少し違った木が生成されます。チェックをはずした場合「並べ方」の数字が同じで、その他の条件も同じであれば同一の木が生成されます。

パスに沿った木の生成

パスを引くと枝の曲がり方を変えられます。

tree_canvas

tree4

リンク

公式の情報はこちらから。動画でも使い方がわかります。