[Photoshop CC] ロゴを 3D プリントしてみた

Photoshop CC で 3D プリンター用のデータを作成してプリントしてみました。

photoshop_3d_4

dfa889e1

※ 図の Photoshop のデータと、プリントしたデータは若干違います。

3D プリンター環境

6b7e5066

3D プリンターは、オリオスペック 協力のもと「3D PRINTER REPRAP PROFESSIONAL」です。 プリンターの上にプリントしたロゴがのっています。

Photoshop で出力した STL ファイルを、Repetier-Host、Slic3r を使って G コードをという形式のファイルを作り、プリントします。

データやプリンターの調整で、まだまだ写真のものよりきれいに仕上がるようです!

3D PRINTER REPRAP PROFESSIONAL

STL ファイルの作成

Photoshop で 3D プリンター向けの STL ファイルを作る方法です。

pronama_logo

ロゴ画像から 3D データを作ります。

3d

ロゴ画像を Photoshop で開き、メニュー [ウィンドウ]-[3D] から、3D ウィンドウを表示します。「3D 押し出し」を選び「作成」をクリック。

photoshop_3d

簡単にロゴが 3D 化します。通常、3D 用ワークスペースに変わります(メニュー [ウィンドウ]-[ワークスペース] から切り替え可能)。

3D ウィンドウのレイヤーを選択すると、属性ウィンドウで押し出しの深さを変更できます(図の赤枠部分)。

photoshop_3d_2

レイヤーウィンドウから、レイヤーを追加しカンバスを塗りつぶし、同じように「3D 押し出し」を行い、ロゴの土台を作ります。

ロゴと土台のレイヤーのふたつを選択し(Ctrl 押しながらクリック)、メニュー [3D]-[3D レイヤーを結合] から 3D レイヤーをまとめます。こうすると 3D ウィンドウから両方の 3D オブジェクトが扱えるようになります。

photoshop_3d_3

押し出しの深さを変更したり、片方のオブジェクトを Z 軸方向に水平移動するなどして土台上にロゴが浮き出るよう調整します。

photoshop_3d_4

3D プリントのため 90度 X 軸方向に回転します。3D ウィンドウでふたつのレイヤーを選択した状態で、図のようにマウスポインターをあわせて回転します。

3d_print_settings

STL ファイルを作る場合、メニュー [3D]-[3D プリントを設定] から、「Export STL」を選んでおきます。

3d_window

メニュー [3D]-[3D プリント] または、3D ウィンドウの「プリント開始」ボタンをクリックします。

print_dialog

3D プリントプレビュー画面が表示されました。ここで「書き出し」をクリックすると、STL ファイルを保存できます。

宙に浮いているなど印刷できない形状は、スキャフォールディングやサポート材と呼ばれる支柱などの補助材が付きます。

da65b9a8

後はプリンター用のアプリで加工して、プリントしましょう。

おわりに

  • はじめて 3D 機能を使ってみましたが、この程度ならフィーリングでなんとかなりました。
  • 3D のオブジェクトを90度ちょうど指定して回転させる方法がわかりませんでした……。
  • オブジェクトの寸法が大きいとプリント開始できませんでした(オブジェクトを縮小すればすぐ解決)。

sd03

プロ生ちゃん(暮井 慧)もプリントできるようになると良いですよね。