[OneDrive] 勉強会などで変な写真を見られないようにする

IT 勉強会などの場で、ちょっとファイルを参照しようとしたときに変な写真がスクリーン上に映ってしまってくすくす笑いを誘うというのは結構あるあるなんじゃないかと思います。

onedrive-cover

そういった対処のためだけというわけではないですが、先日の OneDrive のアップデートで、フォルダーに表示する写真をカバー写真として選択できるようになっています。

onedrive-cover-add

右クリックメニューからもカバーの追加・削除が可能です。写真ごとに追加・削除メニューが表示されるのみで「カバー一覧」みたいな機能はないようです。複数の写真をカバーに追加も可能です。

OneDrive に限った話ですが、これであらかじめ無難な写真にしておけばチラッと見えても大丈夫ですね。もちろんフォルダーの中身自体を一覧表示した場合は対処できません。

カバーは、今のところ設定は Web だけで行いますが iPad, Android などのアプリにも反映されます。元々 内部的にはアルバムのカバー機能があり、それをユーザーが指定できるようになったということだと思います。Windows 8.1 の SkyDrive アプリでは確認できませんでした(Windows 8.1 にしても OneDrive になってないんですよね)。