開発者向け OneDirve 情報 “OneDrive Dev Center” が公開されています #onedrive

onedrive-dev

OneDrive デベロッパー センター (OneDrive Dev Center) が公開されています。※ 日本語サイトは、ほとんど英語ページへのリンクです。

OneDrive でのアプリ開発

公開されている SDK や API を利用すると OneDrive と連携したアプリ開発ができます。

  • 自動的に写真や動画をアプリから OneDrive にアップロードする。
  • OneDrive のファイルと共有しているファイルをすべて参照する。
  • メールでリンクを送るか、コピーして貼り付けることができるリンクを取得してファイルを共有する。
  • ファイルの移動や削除、名前の変更や、新しいフォルダーの作成。
  • アプリから OneDrive のファイルを開く。
  • ユーザーが最近開いたドキュメントにすばやくアクセスする。
    OneDrive でのアプリ開発 – OneDrive Dev Center

Live SDK

SDK は、Windows 8.1, Windows Phone, iOS, Android 向けに提供されています。仕組みは OAuth と REST API ですので基本的にどのプラットフォームからも OneDrive の操作ができます。

実は以前から SDK や API は提供されており、先日 OneDrive Dev Center に改め、ドキュメントも MSDN Library に移動したようです。SDK は、以前からの Live SDK の呼称で Version は 5.6(4/24 リリース)です。以前の Live SDK 5.5 情報も Windows Live Services から参照できます。

OneNote API

先日公開された OneNote API とも関連しています。OneDrive に OneNote ファイルが保存されますし、認証自体は共通です。あわせてチェックしたいですね。