Dreamwearver で Git を使えるようにして Bitbucket に push する

画面は Windows Dreamwearver CC です。

dreamweaver

TortoiseGit と GITWeaver のインストール

GITWeaver というオープンソースの Adobe 拡張機能を使います。GITWearver は、TortoiseGit と連携するので TortoiseGit のインストールも必要です。

TortoiseGit

Download – tortoisegit – Download overview page – Windows Shell Interface to Git – Google Project Hosting から対象の 32bit または 64bit OS のインストーラーをダウンロードして、インストールします。

日本語化する Language Pack も、ダウンロードして実行します。

Git 環境構築は以上です。

GITWeaver

ChrisMcKee/gitweaver から、.zxp ファイルをダウンロードします(現時点では GITWeaver – 1.4.1.zxp が最新)。「View Raw」からダウンロードできます。

※ CC/CS6 未満は .mxi ファイルをダウンロードします。

Adobe Extension Manager がインストールされていない場合は、インストールします。Extension Manger がインストールされていれば、zxp ファイルを開けるので GITWeaver をインストールします。

extension-manager

extension-manager2

以上で、Dreamwearver に GIT メニューが追加されています。

dreamweaver

Git ローカルリポジトリの作成

Dreamwearver からリポジトリの作成ができないようなので、対象のフォルダーから TortoiseGit の右クリックメニューから直接 リポジトリを作成します。

git-repository

TortoiseGit を利用すれば、エクスプローラーにファイルの状態がアイコン表示されますが、Dreamwearver では表示されません。うまく TortoiseGit 自体も使い分け利用すると良いと思います。

Git ローカルリポジトリの操作

以上で、Dreamwearver からローカルリポジトリに対して操作できます。GIT メニューからファイルの Add や、Commit できます。

Bitbucket の Git リポジトリへ push

Bitbucket にリモートリポジトリを作って、push できるよう設定します。Bitbucket なら無料でプライベートのリポジトリが作成できて Web サイトの管理にも良いかなという理由です。

SSH キーの作成

1.BitbucketにOpenSSHの公開鍵を設定する が詳しいです。

最終的に、下記と同等の画面に OpenSSH の公開鍵を入力し、SSH キーを追加します。

ssh-key

リポジトリの新規作成

Bitbucket で新規にリポジトリを作成します。

repository-setup

作成直後の画面の赤枠部分の値を使います。

push のための設定

Dreamweaver から push します。既に何かしらリポジトリにコミットしているものとします。

Push メニューから次の push 画面が開きます。宛先のリモート設定を行います。

git-push

管理ボタンをクリックすると次のリモート設定の画面が開きます。

git-push-remote

「URL」に先ほどの値を入力します。「リモート」は自動で origin になります。

OK ボタンをクリックすると、宛先のリモートに orign が選択されています。さらに push 画面の OK をクリックすると、Bitbucket のリモートリポジトリに push します。