2D キャラクターアニメ作成ができる「えもふり」をさっそく使ってみた

2014/6/27、E-mote Free Movie Maker「えもふり」 が公開されています。いくつかのレイヤーイラストを用意することで簡単に 2D キャラクターのアニメーションが作れます。

e-mote3

※ WordPress CDN に保存された GIF ファイルが微妙な動作なのでクリックして見てください。

感想としては、上記程度であれば簡単に作れます。ただし、えもふり用にイラストを用意していないと必要なレイヤーをそろえるのは難しいかもしれません。また、細かな調整はたいへんそうという印象。今回はまったく微調整せず、えもふりにイラストデータを取り込んだそのままの状態からアニメを作成しました。

psd ファイルの作成

インストール後、ドキュメントを読みながら必要なレイヤーを用意します。公式サイトの説明では最低6枚からと記載がありますが、今回用意したのは22枚のレイヤーでした。矩形で範囲を指定するなど、すぐ作業が終わるレイヤーもあります。

データは psd 形式で用意します。今回は 元イラスト があるのでどんどんレイヤーを分けていきます。レイヤー名を「前髪」など指定の名前にします。詳しくはドキュメントを参照してください。

目の部分は、瞳(黒目)・白目・まぶた・まぶた閉じ・まゆげの部分に分けました。

eye1_結合

口は、開いた口と閉じた口の2種類。

mouth1_結合

頭部は、輪郭(頬や肌、耳など)・前髪・後髪に分けました。元イラストは一体化しているし、情報がない部分もあるので一番苦労しました。

head1_結合

頭部は以上です。鼻の指定もありますが、プロ生ちゃんに鼻がなかったので省略。

胴体は1種類。今回、胸は用意していません。

body

パーツの範囲などを指定する四角形のレイヤーや、首や腰の位置を指定する中心点のレイヤーを追加します。

frame

以上が今回用意したレイヤーです。

E-mote で編集

psd ファイルを E-mote にインポートします。

パラメータ編集や物理挙動編集で、動きを見ることができます。作業していた時この段階である程度きちんと輪郭・前髪・後髪を用意しないとダメなことがわかりイラストを修正しました。

emote2

パラメータの組み合わせは「カタログ」として保存しておき、この後の動画作成で使います。

動画の作成

タイムライン編集から、アニメを作成します。パラメータなど細かな指定もできるようですが、適当な時間にカタログを読み込み、カタログの組み合わせで動画を作りました。

emote3

出力形式は、連番 PNG・WMV・アニメ GIF の3種類です。

emote4

スケールを変更すると出力の縮小結果が微妙な感じだったので、元画像の大きさを変え対応しました。

えもふりによるアニメ作成は以上です。イラストが描ける人は、Twitter や pixiv 用など楽しく使えるツールではないでしょうか。

追記: オマケ

Photoshop のスクリーンショットを貼り忘れていました。また、emotefree_resize.zip をダウンロードするとリサイズ後の使用した psd ファイルを確認できます。

emote_psd

リンク