Twitter BOT の作成 第1回 — BOT 用 Twitter アプリの作成

先日から運用している WordPress の RSS から記事を取得してツイートする BOT を作ります。

  • Visual Basic コンソールアプリ(LinqToTwitter 利用)
  • Microsoft Azure スケジューラによるジョブの実行

というニッチな内容です。無償の Visual Studio Express 2013 for Desktop で作れます。Azure は……。

WordPress のプラグインや Web サービスなどで良いものが見つからなかったので、手短に作ってみました。

目次

  1. BOT 用 Twitter アプリの作成(今回)
  2. ツイート コンソールアプリの作成
  3. WordPress RSS から投稿のツイート
  4. Azure スケジューラによるジョブの実行

BOT 用 Twitter アプリの作成

今回、自分(BOT 用)のアカウントのみからツイートするので、Twitter クライアントによくある PIN の入力などの認証の仕組みは使いません。自アカウントでツイート用の Access Token を直接 Twitter 開発者サイトから取得します。

Twitter 開発者サイトから新規にアプリを作り、Access Token を取得します。

アプリの作成

Twitter Developers にサインインし、Twitter Application Management から、アプリを新規作成します(Create New App ボタンをクリック)。

Twitter アプリの作成

アクセスレベルの編集

作成したアプリのページの「Permissions」タブを開き、Access レベルを「modify app permissions」から「Read and Write」に変更します。

Twitter アプリのアクセスレベル設定

Access Token の取得

「API Keys」タブを開き、「Create my access token」から Access tokenAccess token secret を生成します。

Twitter アプリのアクセストークンの生成

クリック後、表示されないときはページを更新しましょう。

Twitter アプリのAPI Keys

このページの Access tokenAccess token secretAPI keyAPI secret を使って、Twitter API によりツイートします。

第2回 へ。