Twitter BOT の作成 第2回 — ツイート コンソールアプリの作成

今回でプログラムからツイートできます。

先日から運用している WordPress の RSS から記事を取得してツイートする BOT を作ります。

  • Visual Basic コンソールアプリ(LinqToTwitter 利用)
  • Microsoft Azure スケジューラによるジョブの実行

というニッチな内容です。無償の Visual Studio Express 2013 for Desktop で作れます。Azure は……。

WordPress のプラグインや Web サービスなどで良いものが見つからなかったので、手短に作ってみました。

目次

  1. BOT 用 Twitter アプリの作成
  2. ツイート コンソールアプリの作成(今回)
  3. WordPress RSS から投稿のツイート
  4. Azure スケジューラによるジョブの実行

ツイート コンソールアプリの作成

とりあえずツイートするだけのアプリを作ります。

Visual Studio でコンソールアプリのプロジェクトを新規作成します。C# の人は読み替えてください。

LinqToTwitter の参照

オープンソースのライブラリ LinqToTwitter を利用します。

NuGet から LinqToTwitter をインストールします(メニュー[プロジェクト]から[NuGet パッケージの管理]からインストール)。

NuGet から LinqToTwitter のインストール

インストールすると、依存関係の下記ライブラリの参照も追加されます。

  • Microsoft.Bcl
  • Microsoft.Bcl.Compression
  • Microsoft.Net.Http

App.config の編集

自分専用なので API key などをコードに直接書いてもいいんですが、複数の BOT 運用なども考えて、App.config に設定を書くことにします。

ここに Twitter アプリ設定の値を入れます。この情報は配布や公開してはダメです。

Twitter 認証

モジュールファイルを編集します。手動で下記の参照もプロジェクトに追加してください。

  • System.Runtime
  • System.Configuration

API key などを使い LinwToTwitter の SingleUserAuthorizer オブジェクト返す関数を Module 内に作ります。Twitter の認証に使うオブジェクトです。App.config の設定を読み取って作ります。

ツイートする

とりあえずツイートしてみます。ミニマムな感じだとこんな感じです。非同期メソッドのため Sub Main 内で記述するとこうなります。

SingleUserAuthorizer オブジェクトの認証メソッドを呼んで認証を行い、ツイート用のオブジェクトを生成してツイートします。

できました。

第3回 へ。