暮井 慧とアプリ開発! 第1回 App Inventor 2 補足

慧: こんにちは! 【集中企画】暮井 慧とアプリ開発! 第1回 見てくれた? 窓の杜で連載中だよ。今回は Android アプリが開発できる App Inventor 2 を紹介! ここでは記事で紹介できなかったことなどを補足をするよ。

App Inventor 2 と App Inventor Classic

もしかしたら以前の App Inventor を知っている人もいるのかな? でも、今回紹介した App Inventor 2 は、2013年12月にリリースされた別ものだよ。以前のものは「App Inventor Classic」と呼んで区別して、App Inventor 2 は、単に App Inventor と呼んだり、MIT App Inventor と呼んだりもするよ。MIT は、開発しているマサチューセッツ工科大学のことね。

App Inventor Classic は、ブロックでプログラミングするエディターが Java 製のクライアントアプリだったの。App Inventor 2 では、Web ブラウザーでできるようになっているよ。これは、Blockly というプログラミング言語が利用されているんだよね。

App Inventor はオープンソース!

あと、App Inventor はオープンソースで誰でもソースコードを見て、たいへんだと思うけど改良もできちゃうよ。App Inventor で物足りない機能なんかは、追加のブロックを開発したりもできるけど……、Android アプリ開発が目的だったら、App Inventor を使わず普通に Android アプリ開発した方が簡単そう。

Twitter タイムラインの取得

窓の杜の記事では、ツイートするところまで紹介したけど、一般的なタイムラインを取得する方法も一応ふれておくね。結論からいうとあんまし使い勝手はよくないよ。

タイムラインを取得する場合は、Twitter コンポーネントの call ~ RequestFriendTimeline ブロックを使ってタイムランの取得を実行! when ~ FriendTimelineReceived ブロックを使って、取得した内容を表示するよ。

twitter1

このブロックの組み合わせを作るには、デザイナー画面で、ListView コンポーネントを追加してね。一番下のブロックの get timeline ブロックは、when ~ FriendTimelineReceived の timeline 部分からドラッグ&ドロップできるよ。

結果はこんな感じ。この ListView ってなぜか操作しづらいんだよね……。タイムラインは、名前とツイートしか取得できないの。括弧でくくられているのは、App Inventor でのリストっていうデータ構造なんだ。説明は割愛するけどね!

twitter2

特定の位置から任意の数だけ取得…みたいなことはできないよ。というわけで Twitter 機能は、一応できるけどかなり限定されているんだよね。どう活用するかはアイデア次第かも!

以上、補足おわりだよ。感想も待ってるよ!

kei

都内の公立高校に通う高校生。部活は、情報処理研究会。身体を動かすのも好きで、気が向いたときはなぜか体育会系の部活に混ぜてもらっていろんなスポーツをすることも。プログラミング生放送のキャラクターとして活動中!