暮井 慧とアプリ開発! 第2回 Project Siena 補足

慧: こんにちは! 【集中企画】暮井 慧とアプリ開発! 第2回 も見てくれた? 窓の杜で連載中! 今回は Windows ストアアプリが開発できる Microsoft Project Siena を紹介! ここでは記事で紹介できなかったことなどを補足をするよ。

複数スクリーンを持つアプリ

複数のスクリーン(画面)いったりきたりするアプリ開発もできるよ。上部にあるメニューの[スクリーンの追加]ボタンでスクリーンを追加、同じ上部のメニューでデザインするスクリーンを選択!

siena1

スクリーンの遷移は、Navigate 関数を使用。例えば、ボタンをタップした時に遷移させるには、次のようになるの。Navigate は特別に UI が用意されていて、「選択時」の Navigate の On/Off で遷移先や遷移エフェクトを簡単に選べるからね。

siena2

他のデバイスにインストール!

アプリの発行では、インストーラーを起動した時、記事では「この PC にインストール」を選んだけど、「共有 appx ファイルの作成」も紹介しておくよ。

installer

アプリを他のデバイスにインストールしたい場合は「共有 appx ファイルの作成」の方を選ぶと、配置パッケージというフォルダーができるから、それをインストールするデバイスにコピー。フォルダー内の Add_AppxPackage.ps1 を右クリックして、メニュー「PowerShell で実行」を選択すれば、インストールできるよ。

appxpackage

この方法だと、Windows RT にも作ったアプリをインストールできるみたいだね。公式の、Project Siena アプリの公開および配置 も参照してみてね。

kei

都内の公立高校に通う高校生。部活は、情報処理研究会。身体を動かすのも好きで、気が向いたときはなぜか体育会系の部活に混ぜてもらっていろんなスポーツをすることも。プログラミング生放送のキャラクターとして活動中!