Visual Studio の代わりに Prepros App を使って Sass (SCSS) コンパイルしてみた

Visual Studio + Web Essentials で Sass (SCSS) を扱う方法を以前に書きましたが、日本語を含むパスが原因で動作しない問題がありました。

Visual Studio で Sass 製 Furatto を使う

今回、それだけではなく(おそらく他ではコンパイルできる)Sass 製のフレームワークが、エラーでコンパイルできない事態が発生したいので、Sass のコンパイルは別のアプリ「Prepros App」を使ってみました。

Prepros App

Prepros App は、LESS, Sass, SCSS, Stylus, Jade, Slim, Coffeescript, LiveScript, Haml, Markdown がコンパイルできる多機能コンパイラーです! それ以外にも JavaScript minify や、PNG, JPEG 画像サイズの最適化もでき、有償版はさらにいろいろな機能が使えます。Windows/Mac 版があります。

とりあえず Sass のコンパイルにしか使っていませんが、Ruby のインストールなど不要で Prepros App のみインストールすれば使えて便利です!

使い方

起動してアプリ画面に、Sass ファイルなどを含むフォルダーをドラッグ&ドロップします。コンパイル結果の保存先は、パス部分をクリックして指定。

prepros

prepros

以上です! ファイルの変更を監視してコンパイルもしてくれます。オプションなどをみるといろいろ便利な機能がありますね。気になった方は詳しく調べてみてください。

というわけで、Sass の編集は Visual Studio で行って、コンパイルは Prepros App に任せています。理想は、Visual Studio のみでできると良いんですけど……。