[イベントノウハウ] URL は年などでパスを切る

Unity プログラミング生放送勉強会@GMO Yours で紹介した唐突なイベントノウハウ。

event

イベントの Web サイトは、年などで URL のパスを切ろう! というものです。翌年開催するつもりがなくても、何かのきっかけでまた開催するってこともあるはず。

また、イベントに限らず、Web は、一度公開されたものは、そのままの状態で公開され続けることが有用だと思います(誤字の修正や、情報の追記は除いて)。

パスが区切られていないと……

新しくイベントを開催する時に、同じ URL の内容が大幅に更新されてしまう可能性があり、以前の情報を見たくても参照できません。前回のイベント情報を見たいということは多いはず。

問題のあるパターン

  • 前回の情報を参照できない
  • Blog などで紹介した URL の先が別の情報に変わっている

やってしまった例

運営していたイベントでやってしまった例。

Community Open Day 2012, 2013

多数のコミュニティが参加し、同日に全国各地で行われる IT 勉強会のようなイベント Community Open Day。プロ生は、名古屋会場を担当していました。

Web サイトは、http://cod.ms に設置。2013年の開催時に、2012年の内容はすべて削除され、2013年の内容に更新。2013年開催後は、サイト自体消滅の正直最悪なパターン。

IT 勉強会スタンプラリー

いろいろな IT 勉強会に参加してスタンプを集めて楽しむというイベント。http://it-stamp.jp 直下にコンテンツを展開してました。

次回開催の予定はなかったのだけど、今回また開催します! it-stamp.jp の Web サイトはこのままで、URL 変更します。