「パックマン」など17タイトルを開放「カタログ IP オープン化プロジェクト」の詳細が公開されています

以前よりアナウンスされていた、バンダイ・ナムコ統合10周年記念企画の「パックマン」や「ギャラクシアン」などの17タイトルを開放し、各タイトルのキャラクター・音楽・ストーリー・設定を、アプリなどのコンテンツに活用できる「カタログ IP オープン化プロジェクト」の詳細が、4/24 公開されています。

カタログ IP オープン化プロジェクト

個人のクリエイターの方は、自作ゲームでの活用を期待していた方も多いと思います。ただし、今回の発表では、個人向けの詳細が発表されていません。

法人のエントリー受け付けを開始

法人は、「スマホアプリ」「ブラウザーゲーム」「新規ネットワークデバイス分野」などの領域で事業展開が可能です。この対象の領域は、今後増えるようです。

利用は、デジタルコンテンツおよび国内配信に限ります。

現在、法人のみエントリーを受け付けています。

個人は、ニコニコ動画への作品投稿と、公認クリエイター制度を予定

まず、個人のクリエイターは、動画制作が許可されるとのこと。niconico で提供されている「クリエイター奨励プログラム」への登録が必須で、ニコニコ動画のみへ公開が限定されます。5月下旬から受け付け予定とのこと。

個人のクリエイターによる、アプリなどの領域での二次創作利用は、別途「公認クリエイター制度」を予定しているとのこと。詳細は、5月下旬に発表される予定です。

公認クリエイターの条件などが気になるところです。

その他、プロジェクト詳細

法人向けページ に詳細の説明があります。対象者は、法人だけでなく、詳細未発表の公認クリエイターも含まれています。

2020年3月まで利用可能

企画受け付けが、2016年3月末まで。コンテンツの提供可能期間が、2020年3月末までとのこと。

利益の分配

有料サービスを制作した場合は、売上分配が必要です。無料サービスの場合は、広告配信ツールを導入し、広告収益の分配が必要です。

対象タイトル

利用可能なタイトルは次の通りです。

  • ギャラガ(1981年発売 業務用)
  • ギャラクシアン(1979年発売 業務用)
  • 源平討魔伝(1986年発売 業務用)
  • スカイキッド(1985年発売 業務用)
  • スターラスター(1985年発売 家庭用)
  • ゼビウス(1982年発売 業務用)
  • ディグダグ(1982年発売 業務用)
  • ドラゴンバスター(1984年発売 業務用)
  • ドルアーガの塔(1984年発売 業務用)
  • パックマン(1980年発売 業務用)
  • バトルシティー(1985年発売 家庭用)
  • バベルの塔(1986年発売 家庭用)
  • マッピー(1983年発売 業務用)
  • 妖怪道中記(1987年発売 業務用)
  • ワギャンラド(1989年発売 家庭用)
  • ワルキューレの冒険 時の鍵伝説(1986年発売 家庭用)
  • ワンダーモモ(1987年発売 業務用)

リンク