Visual Studio Code のテーマを変更する + プロ生ちゃんを表示

Microsoft の開発者イベント Build 2015 で、Windows/Mac/Linux で使える軽量なエディター「Visual Studio Code」が、公開されています。

Visual Studio Code

本日より提供が開始されています。

ちなみに、中身は Electron (Atom Shell) とのこと(Visual Studio Code の中身は Electron + Monaco だった – しばやん雑記)。

下記の内容は、現時点のプレビュー版の内容です。

テーマの変更

3種類のテーマが用意されています。[View]-[Theme] メニュー、または Ctrl+Shift+P でコマンドパレットを開き、Theme と入力します。

ThemeCommandPallette

テーマのカスタマイズ(公式見解)

Customize Visual Studio Code によると、独自テーマの作成は行えるようにしたいけど、作業の優先順位を投票サイトで付けてねと、記載されています。つまり、できませんん。

Q: Will you allow us to make our own themes?
A: Yes we would like to do this. Help us prioritize this work over in our user voice site.

テーマのカスタマイズ(プロ生的方法)

追記: Ver. 0.3.0 から F12 キーが無効になっています。直接 %localappdata%\Code\app-0.3.0\resources\app\client\vs\monaco\ui\workbench\native の native.main.css を開き編集しましょう。開発者ツールは、[Help]-[Toggle Developer Tools] で開けます。

Windows の場合、エディターで F12 キーを押すと、開発者ツールが表示されるので、影響している要素や、CSS ファイルを突き止めます。

Visual Studio Code

native.main.css みたいですね。ダークテーマの場合、次のように書き換えて、エディターを再起動します。

追記: Ver. 0.5.0 向けに修正しました(参考: Visual Studio Code(Ver. 0.5.0)でプロ生ちゃんを召喚する方法 | Myoga-TN.net)。

完成です!

Visual Studio Code

プラグイン機能もまだなので、エディターの拡張については、今後利用できるようになっていくようです。