Adobe Stock + Photoshop で、これまでと違う素材画像の利用体験

CC 2015 でリリースされた、写真やイラストなどの素材を販売する新サービス「Adobe Stock」を使ってみました。Adobe Stock は、単に画像の購入のみもできますが、Photoshop や Illustrator などの製品との連携で真価を発揮します。

Adobe Stock を利用すれば、透かし入りのプレビュー画像でいろいろ試しデザインを確認した後、アプリ内で画像ライセンスを購入し、透かし入り画像を正規の画像に置き換えることができます。

Adobe Stock

Adobe Stock

今回は、Photoshop から Adobe Stock を使います。説明の画面は Photoshop CC 2015(Windows)です。

Adobe Stock で素材検索

最初に、素材を Adobe Stock で探します。

メニュー[ウィンドウ]-[ライブラリ]から、ライブラリウィンドウを開きます。ウィンドウの下部分に、Adobe Stock へのリンクボタンがあります。クリックすると Adobe Stock の Web ページが開きます。ちなみに、[ファイル]メニューにも Adobe Stock を開く項目があります。

Adobe Stock

ここから、必要な素材を検索します。

Adobe Stock

素材画像は、Adobe の素材を販売するサービス Fotolia と同等のようです。Adobe Stock と Fotolia では、購入プランやライセンスが異なります。

ライブラリに保存

良さそうな素材を見つけたら、透かしの入ったプレビュー画像を手に入れてみましょう。下矢印のボタンから「Creative Cloud Libraries に保存」します。ここでは「マイライブラリ」に保存しました。

Adobe Stock

通常の画像ファイルとしてダウンロードもできます。

透かしの入った画像を試す

保存すると、すぐに Photoshop のライブラリに反映され、透かしの入った画像を使えるようになります。

Adobe Stock

正規の画像を購入する前に、この画像でデザインしてみましょう。カンバスにドロップします。

stock5

画像は、ライブラリにリンクされたスマートオブジェクトとして追加されます。普通のスマートオブジェクトと同等ですが、ライブラリのデータに変更があった場合、その内容が反映されます。ようは、透かしの入った画像でデザイン後、画像のライセンスを購入すれば、自動で透かし無しの画像に入れ替わります。

いろいろ透かし入りの画像で試してみましょう。

Adobe Stock

ライブラリにリンクされたスマートオブジェクトは、レイヤーウィンドウを見るとクラウドのマークが付いています。

Adobe Stock

画像のライセンスを取得(購入)

試してみて問題なければ、画像のライセンスを購入します。ライブラリから画像を選び、右クリックメニューの「画像のライセンスを取得」から行います。

Adobe Stock

Adobe Stock のプランを選んでいなければ、選択する Web ページが開きます。1枚 1,180円、Creative Cloud サブスクリプションユーザーであれば 月に画像10枚で 3,480円(追加画像は 348円)です。

Adobe Stock

プランを選択していれば、そのまま Photoshop 内ですぐに購入できます。

Adobe Stock

購入すると、透かしの入った画像(ライブラリにリンクされたスマートオブジェクト)が、透かし無しの画像に置き換わります。

Adobe Stock

作品を仕上げる

スマートオブジェクトのみでデザインが完了していれば、以上で作品の完成です。スマートオブジェクトのラスタライズ化などの作業が必要であれば、購入した画像を元に仕上げましょう。

Adobe Stock

以上が、Adobe Stock と Photoshop (と Creative Cloud Libraries)の連携でした。

リンク

Adobe 公式の Adobe Stock のドキュメントです。