PDF/Word/Excel/PowerPoint を翻訳できる Document Translator が公開されています

PDF/Word/Excel/PowerPoint などの文書を翻訳できる Windows アプリ Microsoft Document Translator が、公開されています。

Document Translator

開発元は、Microsoft Translator チーム。提供する Microsoft Translator API を利用しています。アプリを利用するには、Microsoft API アカウントが必要で、200万文字まで無料で翻訳できます。

Word/Excel/PowerPoint の Office 文書を翻訳ができ(翻訳したファイルを生成)、Office 2013 がインストールされている場合、PDF の翻訳もできます。PDF の場合、翻訳した Word ファイルを生成します。

GUI アプリの他、翻訳をバッチ処理するための、CUI アプリも付属しています。

翻訳品質は、Bing 翻訳 同等ですが、機械翻訳エンジンを自分用にカスタマイズできる Microsoft Translator Hub との連携も可能です。

また、GitHub でソースコードを公開しています。C# 製で、MIT ライセンスです。

使い方

ダウンロード・インストール

ダウンロードサイト から MicrosoftDocumentTranslator.msi をダウンロードし、インストールします。

API の設定

API を利用するには、Microsoft Azure Marketplace で、Microsoft Translator を購入します(0円のサインアップ)。

Microsoft Azure Marketplace

Microsoft Azure Marketplace

サインアップ後、開発者 ページから、アプリケーションの登録を行います。

アプリケーションの登録

アプリケーションの登録

このページの、クライアント ID顧客の秘密 を、Document Translator の SETTINGS – Account にある Client IDClient Secret に入力すると、使えます。

※ リダイレクト URL は、Document Translator では使いませんが、必須項目のため、適当な URL を入力します。

Document Translator Settings

Document Translator Settings

翻訳

TRANSLATE DOCUMENTS から、対象の文書と、翻訳する言語を選択して「Go」ボタンをクリックすると、翻訳処理がはじまります。

Document Translator

※ 言語が表示されない時は、Client ID と Secret を設定後に、アプリを再起動してみてください。

処理が完了すると、ファイルと同じ場所に、sample.en.pptx のように言語名の値が付いた文書ファイルができています。

リンク