Twitter 公式の、ツイートをまとめて Web サイトに埋め込めるサービスがいい感じ!

画像ツイートをまとめて Blog で紹介することがありますが、新たに発表された Twitter 公式のサービスがいい感じです!

埋め込み結果

まずは結果から。これは新しいサービスの「Twitter Publish」から、生成したコードを Blog に埋め込んだ(エンベッド)結果です。

方法

ツイートの「コレクション」をまず作ります。今は手段が少ないですが、開発者向けの API もあるため、今後はもっと簡単にまとめられるサービスも登場すると思います。ここでは、Twitter 公式の Web クライアント「TweetDeck」を使います。

Collection カラムの追加

画面左の「+」ボタンから、Collection カラムを追加します。

TweetDeck

TweetDeck

ツイートの追加(ツイートをまとめる)

ツイートの URL を「Enter Tweet URL」へ入力し追加していきます。TweetDeck の別のカラムからツイートをドラッグして追加もできます。

TweetDeck

コレクション URL の取得

カラム右上のボタンをクリックし、「Share」の「View on tiwtter.com」を選び、開いたページの URL をコピーします。「Embed timeline」で開いたページの URL に含まれる「timeline_id=657134699614105600」のような数字部分をコピーするのでも構いません。

TweetDeck

埋め込みコードの生成

https://publish.twitter.com/ にアクセスして、コピーした URL(または timeline_id の値)を、入力します。すると、Web ページへ埋め込みようのコードを得られます。

Twitter Publish

以上です。

おわりに

例では、メディアツイートのみまとめましたが、テキストのみのツイートもまとめられます。

埋め込みコードで表示されるツイートの並び順は、コレクションにツイートを追加する順番が影響しますが、TweetDeck では容易に順番を入れ替えられないようです。便利なツール登場に期待です。

関連リンク