Photoshop アイコンリソースを展開・圧縮できる Web サービス「Icon Resource Extractor/Packer for Photoshop」 CC 2017 に対応

Photoshop アイコンリソースを展開・圧縮できる Web サービス「Icon Resource Extractor/Packer for Photoshop」が、2016年になってから CC 2015 に対応していないままだったのですが、CC 2017 に対応しました(CC/CC 2014 はサポートしなくなりました)。Windows コンソールアプリも用意しています。

これを使うと、スプラッシュスクリーンの差し替えができます。

splash1080background_s0

Web 版

Icon Resource Extractor/Packer for Photoshop

使い方は、Photoshop アイコンリソースを展開・圧縮できる Web サービス「Icon Resource Extractor/Packer for Photoshop」 参照。

Windows コンソールアプリ版 (psccIcon2017)

Windows コンソールアプリは、OneDrive からダウンロードできます。使い方は、[Photoshop] スプラッシュスクリーンを変更できるアプリ・プロ生ちゃんの表示 の「Photoshop CC 2014 のスプラッシュスクリーンの変更」と同様です。