Windows で Unity 製 iOS アプリを無料で開発

※ この記事は、プロ生ちゃん開発支援プログラム を使って、Unity iOS アプリのビルドに挑戦してくれた なかなか さんに、手順を紹介してもらったものです。


私(なかなか)は、Unity を使って Android 向けのアプリを制作しています。iOS アプリの開発には Mac が必要ですが、Windows しか所持していませんでしたが、

  • プロ生ちゃんアプリ開発支援プログラムと
  • Unity Cloud Build

を使うことで Unity 製 iOS アプリを無料で開発できたので紹介します。ただしデバッグ用の iOS 端末は用意する必要があります。

できること

  • Windows で Unity 製 iOS アプリ開発

必要なもの

  • Windows 開発環境
  • デバッグ用の iOS 端末

対象者

 Windows で Unity 製 Android アプリを作成したことがある方のうち、iOS アプリの開発も行いたい方

前提

  • プロ生ちゃん アプリ開発支援プログラムとは?

プログラミングを学びたい人やアプリ開発初心者を対象に、開発の支援をしてくれるサービスのことです。

  • Unity Cloud Build とは?

Unity で作ったものを Cloud 上で自動で Build してくれるサービスのことです。Cloud Build の使い方が分からない方は、次のスライドを参考に Android の Cloud Build を行ってみてください。

iOS 開発環境を整えるには?(今回の作業の目的)

本来 iOS アプリを Build するためには Mac の Xcode というツールが必要ですが、Cloud Build を使えば Xcode の必要なく Build ができます。つまり、iOS の Cloud Build ができるようになれば、Windows でも iOS 開発ができます。今回は iOS の Cloud Build ができるようになることが目的です。

手順

  1. Member center と iTunes Connect への参加
  2. リモート Mac の準備
  3. 使用する iOS 端末の登録
  4. Mobile Provision File と p12 File の作成
  5. Cloud Build の設定

1. Member center と iTunes Connect への参加(プロ生ちゃんアプリ開発支援プログラムを利用)

まず Apple Developer Program に登録する必要があります。しかし、年間登録料として $99 かかるため、気軽には手を出せません。プロ生ちゃんアプリ開発支援プログラム 第1弾 はこの点をサポートしてくれています。プロ生の Member center と iTunes Connect へ参加することで、年間登録料の支払いが不要です。

2. Mac の準備(プロ生ちゃん アプリ開発支援プログラムを利用)

一部の作業で Mac が必要になります。プロ生ちゃんアプリ開発支援プログラム第2弾 ではリモートで Mac を使える環境を提供してくれています。

注意点

Windows と Mac のキーボード操作は違うようです。例えば、半角/全角キーではなく、Shift + Space で変換ができます。また私は @ マークの入力方法が最後までわかりませんでした。暫定的な対処法として @ をコピーして、右クリック→貼り付けで入力できました。貼り付けの際も Control + V は使えません。

編集: US キーボード配列になっていたのかも。Mac には VNC クライアントで接続してもらいます。

3. 使用する iO S端末を登録する

次のスライドを参考に使用する iOS 端末の「デバイス登録」を行ってください。

4. Mobile Provision File と p12 File の作成

詳しい作り方は、次のサイトが参考になります。

【Unity】Unity Cloud BuildでiOSビルドに必要なMobile Provision Fileとp12 Fileを用意する - naichi’s lab

注意点

  • リンク先にも書いてありますが、Certificate の作成は配布用 (Distribution) を使用してください。開発用
    (Development) では Cloud Build を使えません。
  • Provisioning Profile の作成の際、App ID が必要です。App Store へ公開する場合、専用の
    App ID を新しく作る必要がありますが、デバックの段階ではアプリごとに App ID を作る必要ありません。「* (Wildcard)」の App ID を使えます。プロ生ちゃん開発支援プログラムの Member center 参加で App ID を使えます。

5. iO Sの Cloud Build の設定

Mobile Provision File と p12 File の準備ができました。再び次のスライドを参考に iOS の Cloud Build の設定を行いましょう。

お疲れ様でした。これで iOS の Cloud Build を行えます。無事、Windows での iOS 開発環境が整いました。

Build エラーが起こった場合、使用している Asset 素材のコードが原因だったりします。一度、空のプロジェクトでBuild ができるか試してみることをオススメします。

最後に

知らない環境で知らない単語や似た単語を多く見かけるので混乱するかと思います(App ID や Apple ID など)。また、リモートの作業などは経験のない方もいるかと思います(私も初めてでした)。でも検索をすれば、いろいろな方が分かりやすく説明してくれています。開発支援プログラムでも優しく丁寧に教えてくれるたので大丈夫です。iOS 開発を行い方は、ぜひお試しください。